アイキララは、目の下の茶クマにも効果ある??

アイキララは、茶クマにも効果があるのでしょうか?

 

まずは、茶クマについて説明しますね。

 

目の下のクマには、大きくわけて3種類あります。

 

青クマ、黒クマ、茶クマです。

 

 

クマの種類の一つが、茶クマということです。

 

 

その名の通り、目の下が薄い茶色のクマができる状態を「茶クマ」といいます。

 

茶クマの原因は、

  • 紫外線が原因でおこる色素沈着
  • 目の下の刺激が原因でおこる色素沈着

となります。

 

外部の刺激が原因でおこるクマが「茶クマ」です。

 

その他にも、化粧かぶれや、化粧がキレイに落としきれていない場合も原因となります。

 

また、乾燥肌も原因となります。

 

乾燥による痒みや、アトピーなども茶クマの原因の一つとされています。

 

 

茶クマを消したいのなら、方法はいくつかあります。

 

 

まずは、病院で治療する方法です。

 

「えっ?クマも病院で治療できるの?」
とビックリされるかもしれませんね。

 

 

そうなんです。
茶クマは、病院で治療できるクマなんですよ。

 

病院での茶クマの治療方法としてはレーザー治療があります。

 

茶クマは、色素沈着ですから、レーザーでピンポイントで茶クマに照射します。

 

シミをレーザーで消す方法と同じ原理です。

 

レーザー治療には、麻酔が使われますから痛みはありません。

 

 

ただし、病院での治療とはいえ、保険が適用されません。

 

病院によって、治療の値段は変わってきます。
ですので、治療前にいくら金額がかかるのかの確認をするようにしましょう。

 

レーザー治療ですから、茶クマにも有効な治療方法の一つです。

 

早く茶クマをキレイに消したいのなら、病院での治療も選択肢の一つですね。

 

 

「病院は、敷居が高い・・・。」
と感じる人も多いですよね。

 

費用も高額になりますから、どうしても躊躇してしまいます。

 

「まずは、自宅でできるケアを試してみたい。」
と考えるものです。

 

 

では、自宅で茶クマを消す方法はあるのでしょうか?

 

自宅で、茶クマのケアをするのなら、やはりアイクリームンなどのスキンケアが主になります。

 

 

アイキララだけでなく、最近では、アイケアに特化したスキンケアが多く販売されています。

 

茶クマを消したいのなら、美白成分が使用されたアイクリームを選ぶようにしましょう。

 

ハイドロキノンも茶クマには効果的であるといえます。

 

しかし、目の周りの皮膚は薄くて敏感です。
ハイドロキノンは、刺激の強い成分となっています。

 

ですから、目の周りに使用するときは、肌にトラブルが起きないように注意して使うようにしましょう。

 

 

「アイキララが、茶クマに効果があるの?」
と聞かれれば、

 

残念ながら、効果は期待できないと言えます。

 

というのも、アイキララは加齢に伴うクマに有効なアイクリームです。

 

主に、青クマ、黒クマです。

 

色素沈着が原因である茶クマには、効果があるとはいえません。

 

 

茶クマを消したいというのであれば、アイキララではなく他のアイクリームを使うようにしてください。

 

その時は、美白成分が使用されているものを選ぶようにしてくださいね。