アイキララの効果的な使い方とは?ポイントはつける順番にあった!

目の下のクマを消してくれると話題のアイキララ。

 

どうせ使うのなら、最も効果がある使い方をしたいですよね。

 

でも、あなたは、アイキララを正しく使えていますか?

 

もしかしたら、効果を半減するような使い方をしているかもしれませんよ。

 

もう一度アイキララの使いかたを見直して、クマの解消につとめましょう!

 

アイキララの効果的な使いかたとは?

アイキララの使い方は、とても簡単です。

 

 

洗顔する

まずは、顔を清潔に洗顔します。
洗顔するときは、肌をゴシゴシ擦らないようにしましょう。

 

特に目の周りを擦ったりしてはいけません。

 

肌に刺激を与えると、たるみの原因ともなります。

 

たるみは、黒クマの原因ともなりますから、注意してくださいね。

 

化粧水をつける

洗顔後の肌に化粧水をつけます。

 

アイキララをつける

化粧水をつけた後に、アイキララを使います。

 

アイキララのワンプッシュで、右目と左目の量があります。

 

指の腹などで、すこしクリームを温めてから使うのもおすすめです。

 

伸びもよくなりますし、肌に浸透しやすくなります。

 

目の下に、少しずつトントンとつけます。
いきなり、こすりながら塗るのは止めましょう。

 

だんだんとクリームを伸ばしていくようにしてください。

 

アイキララが馴染んできたら、目頭から目尻までクリームを伸ばしてください。

 

 

乳液をつける

アイキララを使ったあとに、乳液をつけます。

 

乳液をアイキララの後につけるのには理由があります。

 

乳液は、油分が多いですね、
保湿効果がありますから当然です。

 

しかし、油分はアイキララの成分の浸透することを防いでしまいます。

 

せっかくのアイキララの成分が浸透してくれなければ意味がありませんよね。

 

乳液の前に、アイキララを使うことを忘れないで下さいね。

 

 

もし、アイキララを使っていて、効果をいまいち感じていないということはありませんか?
もしそうなら、使う順番を間違えていないか確認してみてくださいね。

 

 

使っているスキンケアが、オールインワンジェルの場合はどうでしょうか?

オールインワンジェルの場合は、オールインワンジェルを使ってからアイキララを使ってください。

 

オイルケアを使っている場合は、オイルを使うまえに、アイキララを使いましょう。

 

 

アイキララを使うときの注意点としは、決してゴシゴシ擦らないようにしましょう。

 

目の周りの皮膚は、薄くて敏感です。
刺激には、とても弱くなっています。

 

刺激を与えると、新たなクマの原因ともなります。

 

アイキララを使って、新しいクマを作ることになっては意味がありません。

 

アイキララは、

  • 使う順番
  • ゴシゴシ擦らない

この点を忘れずに使用するようにしてくださいね。

 

 

また、おすすめとしては入浴後に使用することです。

 

肌が温まっている状態で使用すると、成分の浸透が高まります。

 

そして、使用するのは1日に2回がおすすめです。

 

目の下のクマを消したいのなら、アイキララの使用する順番を間違えないようにしてくださいね。

 

せっかくなら、より効果が得られる使い方をしていきましょう。