アイキララVSオロナイン!目の下のクマに効果があるのはどっち?

「皮膚のトラブルにはオロナイン!」
と思っている人も多いですよね。

 

ケガをしたときや、乾燥したときにオロナインを塗る。
何かあったら、オロナインを塗る。

 

そんな人も多いと思います。

 

「だったら、目の下のクマにもオロナインが効果あるんじゃないの?」
と思いますよね。

 

 

オロナインで、クマは治るのでしょうか?

 

私も気になったので調べてみました。

 

 

もし、オロナインが目の下のクマに効果があるのだったら、わざわざアイキララを購入することはありませんよね。

 

ドラッグストアでも簡単に購入できる「オロナイン」

 

手軽に購入できて、クマにも効果があるのだったら嬉しいですからね。

 

 

オロナインでクマは消せる?アイキララとどちらを使うべき?

オロナインは、昔から使われている軟膏ですよね。
大塚製薬が販売しており、歴史も古く、販売開始は1953年です。

 

オロナインの効果としては、
ニキビ、はたけ、やけど(かるいもの)、ひび、しもやけ、あかぎれなど多岐に渡ります。

 

皮膚の万能薬と言われるのも納得です。

 

しかし、「クマ」は記載されていませんでした。

 

「クマを消したい。」
ということで、オロナインを使用しても効果はないということになりそうです。

 

 

でも、まったく効果がないかといえばそうでもなさそうです。

 

調べていると、どうやらクマの予防としては使えるようです。

 

 

クマの原因はさまざまあります。
その一つに、「たるみ」「くぼみ」があります。

 

オロナインを、普段のスキンケアとして取り入れているのなら、「たるみ」の予防に少しはなるかもしれません。

 

たるみやしわの原因は乾燥でもあります。

 

オロナインを使って、乾燥を防ぐことで、結果クマの予防につながります。

 

しかし、あくまでも「予防」です。

 

今あるクマに対して、効果があるわけではありません。

 

 

オロナインは、独特な匂いがしますよね。

 

顔につける場合には、匂いがきつく感じる人もいるでしょう。

 

わざわざ、顔の保湿用でないオロナインを使用するよりも、顔専用のケア用品を使った方が良さそうです。

 

 

オロナインは、固めのテクスチャーです。

 

固いクリームを、薄くて敏感な目の皮膚に使う時には注意も必要です。

 

 

適量のオロナインを手に取ったら、水を2,3滴入れて、薄めましょう。

 

オロナインと水を混ぜて、ほどよい固さになるように調整してください。

 

 

敏感肌の人や、アトピーの人は、オロナインを顔に塗るのは控えた方がいいでしょう。

 

「どうしても使ってみたい!」
と思っている人は、かかりつけの医師に相談してからにしてください。

 

 

また、水溶きオロナインは、毎日使用しないでください。
特別な日のスペシャルケアに留めてくださいね。

 

 

ここまで、苦労してオロナインを目の下のクマに使ったとしても、クマに効果はありません。

 

あくまでも、予防です。

 

 

ですので、目の下のクマを消したいのなら、オロナインでなくアイキララを使用した方がいいでしょう。

 

 

アイキララは、クマに特化したアイケア用品です。

 

目専用ですから、敏感な皮膚にも使えるように作られています。

 

やはり、悩みには悩みに特化したものを使うのは一番です。