アイキララよりもニベア?目の下のクマが消えるって本当?

「ニベアで目の下のクマも消せる!」
という口コミを聞いたとこがありませんか?

 

ニベアは、最近すごく流行っていますよね。

 

高級クリーム「ドゥ・ラ・メール」と同じような成分が使われています。

 

それでいて、ニベアは安価で購入することができるのですから、人気になるのも納得です。

 

 

どんなケアにもニベアは効果があるとさえ聞きます。

 

しかし、本当に目の下のクマにも効果があるのでしょうか?

 

私もクマに悩ませれてきたので、気になって調べてみました。

 

 

ニベアを使ってクマを消す方法とは?

まず結論からいうと、ニベアだけで目の下のクマを消すのは難しいです。

 

 

クマには種類があります。

 

茶クマ、黒クマ、青クマです。

 

茶クマは、色素沈着、青クマは、血行不良、黒クマはたるみなどが原因です。

 

さすがのニベアでも、これらの原因を解消してくれるものではありません。

 

 

ニベアだけで、クマを解消するというの難しいですね。

 

そもそもニベアは、基本的には保湿クリームです。

 

ニベアは、顔にも使え、体にも使えます。

 

ハンドクリームとして使用している人も多いですね。

 

 

子どもから大人まで使える万能保湿クリームとも言えます。

 

しかし、保湿だけでは、目の下のクマを完璧に消すことはできません。

 

 

それは、クマの原因をみれば納得ですよね。

 

保湿クリームだけでは、たるみを治すことはできません。

 

 

ただし、アイキララと組み合わせて使用することで、クマを消すことに繋がるかも知れません。

 

 

例えば、話題になっているニベアパックです。

 

洗顔後、清潔になった顔に、たっぷりのニベアを塗ります。
白くニベアが残るくらい使用するのがポイントです。

 

蒸しタオルを用意し、顔にのせます。
時間としては、約10分程度です。

 

時間が経てば、ニベアを拭き取ります。

 

このとき、決して肌を擦らずに負担をかけずに拭き取るようにしてくださいね。

 

化粧水をたっぷり含ませたコットンでさらに拭き取りましょう。

 

アイキララを使う場合は、目の周りを十分に拭き取るようにしてください。

 

油分が残っていると、アイキララの効果が半減してしまいます。

 

アイキララは、肌にy粒んが残っていると、成分が浸透しにくくなるためです。

 

 

 

ただし、ゴシゴシ擦ったりはしないように、くれぐれも注意してくださいね。

 

ニベアパックをした後の肌はモチモチしています。

 

その肌にアイキララを使用することで、さらに効果が期待できます。

 

 

肌が乾燥していると、さまざまな肌トラブルのもとになります。

 

シワやたるみ、血行不良の原因にもなります。

 

黒クマは、たるみが原因となります。
青クマは、血胸不良が原因ですよね。

 

普段から、目の周りの乾燥を防ぐことは、クマの原因を少しでも解消につながるかもしれません。

 

 

ニベアだけでは、クマを解消するのは難しいです。

 

しかし、ニベアで肌の調子を整え、アイキララを併用することで、クマを消すことに繋がるかもしれません。

 

大事なことは、ニベアだけでクマを消すことではありません。

 

本当に自分のクマにあったケアを選ぶことが大事です。

 

ニベアとアイキララ併用してみてくださいね。