アイキララを使いはじめる年齢は?私は、まだ早い?遅い?

アイキララを使い始めるのに、年齢は関係あるのでしょうか?

 

対象年齢があるのか、調べてみました。

 

目の下のたるみが気になり始めるのは、30代に入ってからの人が多いです。

 

実際は、たるみが出来始めるのは20代からが多いんですよ。

 

でも、まだ目立つほどではないので、気がつかない人もいます。

 

「疲れているのかな?」
とい軽く考えている人も多いです。

 

30代に入ると、たるみは疲れではないということに気が付き始めます。

 

40代、50代になると、ますますたるみはひどくなっていきます。

 

そうなると、目の下のクマとして症状が出てきます。

 

主に、黒クマといわれる症状です。

 

 

黒くまは、年齢が原因のクマともいえますね。

 

加齢が原因ですから、何もケアしないでいると、どんどんクマはひどくなっていきます。

 

ですから、たるみが気になり始めたころが、アイキララを使い始める時期と言えます。

 

年齢は、あまり関係ありません。

 

というのも、たるみの症状が出てくるのは個人差があります。

 

早い人は、20代からたるみの症状が出てきます。

 

 

ですので、20代後半、もしくは30代に入ったら、少なくともたるみのケアを始めるのがおすすめです。

 

早めにケアした方が、その後の症状にも影響しますから。

 

 

もちろん、40代になっているからといって遅いといわけではありません。

 

アイキララは、40代から始める人も多いんです。

 

実際、目の下のたるみがクマとなって目立ってくる年齢でもあります。

 

 

もう40代だからといって遅いということはありません。

 

一番ダメなことは、
「もう年齢も年齢だし・・・。」
といって、諦めることです。

 

 

先程も言いましたが、黒クマの原因は加齢です。

 

何もしないままだと、たるみはますますひどくなるだけです。

 

ですので、何かしらのケアを始めてくださいね。

 

 

アイキララは、たるみをサポートしてくれるアイケアです。

 

年齢とともに減少してくるコラーゲンに働きかけてくれます。

 

目の下にたるみができる原因の一つに、コラーゲンの減少があります。

 

 

コラーゲンが減少することで、目の下のハリが失われます。

 

ハリが失われると、皮膚がどんどん痩せていってしまいます。

 

皮膚が痩せると、たるみやくぼみの症状となって現れます。

 

 

目の周りの皮膚は、とても薄いって知っていますか?

 

他の皮膚が2mmなのに対して、目の周りの皮膚は、0.5mmしかありません。

 

薄い皮膚がますます薄くなることで、皮膚の内部の色が見えてきます。

 

 

本来なら、肌色であるはずの皮膚が、その奥の皮膚の色が見えてしまいます。

 

 

皮膚が痩せることで、クマとなるのにはこのことが原因です。

 

それが、黒クマの原因となるんです。

 

 

アイキララを使い始めるのに、年齢は関係ありません。

 

あなたが

 

「たるみが気になってきた。」

 

と感じているのなら、アイキララを使い始める年齢になっています。

 

例え20代であっても、
「早すぎる」
ということはありません。

 

 

逆に、40代だからといって
「遅すぎる」
ということでもありません。

 

 

たるみは、ほっておいても治ることはありません。

 

気がついたときにケアを始めましょう。

 

でないと、どんどんたるみが進んでしまいます。

 

あなたも、たるみによるクマが気になっているのなら、アイキララでケアを始めてくださいね。