アイキララが目の下のクマに効果があるのは、なぜ?どんなクマも消せる?

EYE KIRARA(アイキララ)は目の下のクマのケアに特化したスキンケア化粧品です。

 

アイキララを使うと、なかなか消えないクマもキレイに消えてくれると評判です。

 

でも、口コミの中には
「アイキララを使ったのにクマが消えなかった・・・。」
なんてものも確認できます。

 

いったい、どう言うことでしょう。

 

 

目の下のクマには、その原因ごとに色々な種類があります。

 

クマの種類によっては、アイキララの効果が現れないものもあるんですね。

 

目の下のクマには、茶クマ、青クマ、黒クマとあります。

 

茶クマは、お肌のメラニン色素によって出来たシミによるクマです。
青クマは、血行が悪くなり皮膚が薄い目の下にその血流の滞りが透けて見えるクマです。
黒クマは、目の下の皮膚がたるんだり痩せる事で出来るクマです。

 

 

青クマや黒クマは、アイキララの効果を実感しやすいクマなんです。

 

アイキララの効果は、健やかな皮膚を甦らせふっくらハリのある皮膚にしてくれることです。

 

目の下の皮膚が健康でふっくらするので、クマが解消されるのですね。

 

 

黒クマも原因は、皮膚が痩せている事なので、アイキララの効果がとても期待できます。

 

青クマの場合、一番のポイントは血行不良といわれることが多いですよね。

 

でも、本当のポイントは目の下の皮膚が薄くなりすぎた事にあるのではないでしょうか。

 

たとえば、10代20代の若さでクマが出来ている場合、血流に問題が無いことが多いんですね。

 

一度、目の下の皮膚を引っ張ってみて下さい。
それでクマが少し薄くなる様だったら、皮膚が薄い事が原因です。

 

皮膚の薄さの解消でクマを改善できるのなら、青クマを解消する事に期待出来るんですね。

 

 

気をつけないといけないのは、茶クマです。
茶クマはメラニン色素によるシミが原因のクマなので、ビタミンC誘導体や美白成分とお肌の新陳代謝を促す成分が入った美白化粧品を使ってケアしてあげます。

 

アイキララにはビタミンC誘導体は配合されていますが、新陳代謝を促す成分は入っていません。
アイキララも健やかな皮膚を作ってくれる働きがあるので、長い目で見ればシミを改善してくれるはずです。
でも、新陳代謝を促す事は無いのでシミの改善にはとても時間がかかります。

 

 

クマが改善されたと言う人の口コミは、だいたい数週間から1ヶ月くらいで効果が確認できたと言います。

 

茶クマの改善を実感するためには、もっと長い期間が必要になります。
これでは、茶クマの改善に効果を感じることは出来ないんですね。

 

茶クマを解消したい場合は、純粋に美白化粧品を使った方が良いみたいです。

 

 

自分のクマの種類を把握して、効果の出る方法を選んで下さいね。

 

アイキララも、目の下のクマに万能なわけではありません。

 

そして、青クマや黒クマでも、アイキララをある程度、継続してケアしなくてはいけません。