アイキララでケアしつつ、コンシーラーで目の下のクマを隠す!おすすめ方法!

アイキララで、目の下のくまのケアをしていても、やっぱり気になるクマ。

 

目の下のクマが、アイキララで改善されるまではクマは消えないです。

 

だんだんとマシになってくるとはいえ、完璧にくまが消えるまでには時間もかかりますよね。

 

 

だって、アイキララは病院での治療とは違います。

 

レーザー治療や、ヒアルロン酸注入、外科的手術との治療とは、全く違います。

 

 

しかし、肌に負担もなく、金銭的負担も少なく、自宅でケアできます。

 

 

アイキララで、クマを根本的に改善を目指しつつ、クマを隠したいと思いますよね。

 

やはり、完璧にクマが消えるまでは、隠すことも重要です。

 

 

くまを隠す方法としては、やはりお化粧になります。

 

特に化粧で隠す場合は、コンシーラーがおすすめです。

 

 

クマを隠すのに、すでにコンシーラーを使用している人も多いでしょう。

 

コンシーラーでクマを隠すには、どうメイクしたらいいでしょうか?

 

目の下を隠すコンシーラーとしては、キャンメイクや、イプサ、アディクションなどが人気です。

 

キャンメイクは、比較的安く購入できるのでプチプラとしても人気ですよね。

 

 

コンシーラーには、リキッドタイプや、ペンシルタイプ、スティックタイプ、クリームタイプなどがあります。

 

目の下のクマに使う場合は、リキッドタイプのように、テクスチャーが柔らかいものがおすすめです。

 

 

コンシーラーで、隠しやすいクマとしては、茶クマ、青クマです。

 

 

たるみが原因の黒クマは、コンシーラーでは、なかなか隠しきれません。

 

自分にあったクマへのコンシーラーを選ぶようにしてください。

 

 

コンシーラーを使って、ヨレてしまった経験はありませんか?

 

 

コンシーラーを目の下に使う場合、どうしてもヨレやすくなるんです。

 

ヨレにくくするポイントとしては、コンシーラーをすぐに肌に伸ばすのではなく、トントンと肌に少しずつ伸ばしていきましょう。

 

 

強くコンシーラーを伸ばしてしまうと、肌へ刺激となります。

 

刺激を与えると、新たなくまの原因ともなりますから注意してくださいね。

 

クマを隠したくて、コンシーラーを使っているのに、新しいクマを作っては意味がありません。

 

 

コンシーラーでクマを隠すのは、あくまでも一時的なものです。

 

うまく目の下のクマを隠せたとしても、それは根本的にくまが治っているわけではありません。

 

 

「コンシーラーで、クマを隠せる。」
と安心してはいけません。

 

 

やはり、根本的にくまを治さないと本当の解決にはなりません。

 

コンシーラーでクマを隠しつつも、アイキララでくまをケアするようにしましょう。