アイキララには副作用の心配はない?全成分からチェック!!

目の下のクマは、皮膚が痩せている事が原因かもしれません。

 

皮膚が痩せると、特に目の下の皮膚は影が目立ってしまいます。

 

もともと薄い目の下の皮膚がもっと薄くなると、その下の血管や筋肉の影がより目だってしまいます。

 

 

そんな目の下の皮膚痩せを改善するクリームが、「アイキララ(EYE KIRARA)」です。

 

アイキララは、歳と共に減ってしまうコラーゲンの助けをし、お肌を健やかに保つ為の栄養素や潤いを維持します。

 

だから、目の下の皮膚もふっくらしハリが甦るのです。

 

 

「そんな良いクリームがあるならば!」
と飛びつきたくなりますよね。

 

でも、目の下は皮膚が薄いだけあってとてもデリケートな部位ですよね。

 

ちょっと皮膚に悪いものが入っているだけでも、すぐに副作用が現れたりしてしまいます。

 

 

目の下のクマを消したいのに、逆にトラブルが起きては意味がありませんよね。

 

アイキララはどうなんでしょうか?

 

気になったので、副作用について調べてみました。

 

 

副作用の心配は?変な成分は使っていない?

 

まずは口コミから、副作用の心配がないか調べてみました。

 

アイキララの口コミを調べてみましたが、副作用が出たと言う報告は見つかりませんでした。

 

 

アイキララは、自然由来の成分を使っているのでそもそも副作用が出にくい商品です。

 

アイキララに表記されている成分を確認しても、水と自然由来の成分のみでした。

 

ちなみに、アイキララの全成分はコチラです↓↓

成分

DPG

コメヌカ油

パルミチン酸エチルヘキシル

グリセリン

ベヘニルアルコール

トリエチルヘキサノイン

ステアリン酸

ステアリン酸グリセリル

セテス-25

ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸

パルミトイルテトラペプチド-7

パルミトイルトリペプチド-1

クリシン

N-ヒドロキシコハク酸イミド

ステアレス-20

グルコン酸クロルヘキシジン

アンズ核油

アボカド油

カニナバラ果実油

ヒマワリ種子油

ナットウガム

BG

ジメチコン

トコフェロール

コレステロール

シア脂

エチルヘキシルグリセリン

カプリル酸グリセリル

 

成分表で一番左上に記述されている成分が、一番多く含まれている成分になります。

 

アイキララの場合、そこには水と記されています。

 

その次は、DPGです。

 

DPGは、保湿性の高い成分で、多くの化粧品に使われています。

 

とうもろこしやリンゴ等の自然植物から作られている成分になります。

 

 

その次からも、コメヌカ油やパルミチン酸エチルヘキシル、グリセリン、ベヘニルアルコールと続きます。

 

化粧品に欠かせない成分でも、安全性の高い成分が配合されているみたいですね。

 

 

成分の中には、特にお肌の保湿や潤いを与える成分が多く含まれているのがわかります。

 

どうやら、シワやたるみに効果的なアミノ酸で出来た成分が沢山含まれているから、お肌のハリに効果的なんですね。

 

 

でも、いくら自然由来で安心な成分で作られているからといって、パッチテストをしないですぐに使い始めるのは危険なので控えてくださいね。

 

 

自然由来であるからこそ、アレルギー反応が出る可能性がありますよね。

 

アイキララも、もちろんアレルギーテストを行っています。

 

でも、アレルギーの種類は数多く、全てのアレルギーテストを行う事は現実的に難しいですね。

 

だから、敏感な顔に使う化粧品を選ぶ時は、どんな商品でもパッチテストをしてアレルギー反応が無い事を確認した上で使って下さいね。

 

 

アイキララは副作用の出にくい製品なので、お肌が弱い人やお子さんでも使えるものです。

 

比較的、安心して使えるものになっています。