アイキララよりも有効?目の下のクマを病院で消す方法!

目の下のクマを消す方法として、
「病院へ行く」
という選択肢もあります。

 

「クマも病院で治せるの?」
と思われる方も多いと思います。

 

でも、クマの種類によっては、病院で治療ができるんですよ。

 

病院でクマを治療するのか?
アイキララで、クマのケアをするのか?

 

一体どちらがいいのでしょうか?

 

そもそも、病院での治療方法はどんなものがあるのでしょうか?

 

調べてみたので、参考にしてくださいね。

 

 

目の下のクマを病院で治療?

クマの治療ができる病院は、美容整形外科になります。

 

その中でも、美容皮膚科です。

 

 

美容皮膚科での、クマの治療方法としては、主に3つあります。

 

  • ヒアルロン酸注入
  • レーザー治療
  • 外用薬

 

 

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸などを、目の下に注射で注入します。

 

おもに、目の下のたるみやくぼみが原因のクマに対して行われます。

 

効果は、永久的ではありません。

 

注入したヒアルロン酸は、じょじょに体内に吸収されていきます。
ですので、またクマが目立ってきたら、再び治療が必要になります。

 

治療には、保険が提要されません。
ですので、治療前に費用の確認をするようにしましょう。

 

値段は平均して、1本5万円程度となっています。

 

 

レーザー治療

シミやそばかすに使用されるレーザー治療と同じです。
レーザーを照射することで、メラニン色素を分解します。

 

メラニン色素が分解されることで、クマを薄くさせます。

 

 

その他にも、レーザーによりコラーゲンを増やすタイプもあります。
コラーゲンが増えることで、ハリが出てたるみを改善させます。

 

新陳代謝も改善され、血行もよくなります。

 

保険適用外ですので、費用の確認はしておきましょう。

 

 

外用薬

ハイドロキノンにより、色素沈着に働きかけます。

 

非常に強い成分となっていますので、白斑などの副作用の心配もあります。
医師の処方にしたがって使用するようにしましょう。

 

 

これらの他にも治療方法はあります。

 

クマの種類によって、治療方法も変わってきます、

 

 

ですので、一度美容皮膚科へ受診して、どの治療方法があるのか相談してみましょう。

 

 

ただし、治療には保険適用外となることがほとんどです。

 

ですので、クマを病院で治そうとしたら、費用面で負担もでてきます。

 

 

  • 病院での治療は敷居が高い。
  • お金がない。

というのなら、まずは自宅でできるケアを始めてみるのもおすすめです。

 

 

アイキララは、目の下のクマに特化したアイケア用品です。

 

クマのケアに特化したケア用品を選ぶようにしましょう。

 

 

アイキララで、ケアをできるクマは、青クマ、黒クマになります。

 

残念ですが、茶クマには効果は期待できません。

 

 

というのも、アイキララは加齢によってできるクマに特化したケア用品です。

 

つまり、たるみやくぼみによるクマです。

 

コラーゲンにサポートして、ハリを取り戻す働きをしてくれます。

 

失われたハリを取り戻すことで、目の下がふっくらしてきます。
その結果、クマが薄くなるということです。

 

 

茶クマは、色素沈着が原因です。
色素沈着のクマには、美白成分などで働きかける必要があります。

 

茶クマに悩んでいるのなら、アイキララより他のケア用品を選んでください。

 

たるみやくぼみの黒クマ、血行不良による青クマには、アイキララを選んでください。